自動車税の還付はいつ?!

愛車を売る際に自動車税は戻ってくる?

 

自動車税の請求は毎年4/1時点の所有者に対して、5月末くらいに納付通知書が送られてきます。

 

一年度分を前払いするため、たとえば総排気量1.5リットル超2リットル以下の自動車なら39500円ものお金をまとめて支払う必要がでてきます。

 

ですが、途中で売却した場合は、自動車税は還付され・・・・ます!

 

たとえば一ヶ月しか運転していない車に39500円も支払うなんてバカバカしいですよね?

 

※軽自動車は7,200円 or10,800円と普通車に比べて安いため、返金されません。

 

 

国から直接ではなく、買取額に上乗せされるケースが多い

 

まず、自動車がボロボロになったり、事故で不動車になったりして廃車にした場合は、国から自動車税が還付されます。

 

このサイトは下取りと買取についてご紹介しているため、ディーラーや買取店に売却した場合、どうなるのか? をご紹介します。

 

たとえば車買取店の査定後、正式な買取額が決定し、双方納得すれば売買契約が成立します。

 

基本的には買取額の中に自動車税の残り分(※月割計算)が含まれますが、買取店によって考え方が違うため、必ず確認してください。
(※残りの月数が多ければ含めてくれたり、残りの月数が少なければ考慮してくれないケースもあります)

 

特に一括査定サイトなどを利用する場合は、買取店によって考え方がちがうので、要チェックです。

 

 

ディーラーの方がサービスしてくれる?

 

買取店とディーラーを比較すると税金の還付についてはディーラーのほうが若干おまけをしてくれる、という人が私の周りには多い気がします(※都市伝説?)

 

ただ、ディーラーは査定料を別途請求してくるため、それで帳尻を合わせているのかもしれませんね。