個人売買は本当に危険なのか?

中古車を個人相手に直接売却する”個人売買”

 

本題に入る前に、中古車を売却した場合の一般的な流れを解説します。

 

あなた(売主)⇒ディーラーや買取店⇒オートオークション⇒中古車販売業者⇒買主(個人)

 

上記の図のように、あなた〜買主までの間に様々な業者を通過するため、中間マージンをどんどん取られしまいます。

 

たとえば70万円で買取店に売った車が、買主が中古車店で購入するときには130万円以上で売られているケースもあります。

 

この話を聞いて「そりゃ、商売だから仕方ないでしょ」と思うかもしれません。

 

ですが、もしあなたと買主が直接取引できたらどうでしょうか?

 

かなり高く売ることができますし、買主側も安く購入できますよね。

 

・・・と聞こえはいいですが、もちろんデメリットもあります。

 

個人売買のデメリットとは?

 

友人・知人・親戚同士の売買でしたら、双方顔見知りのため、トラブルは少ないです。

 

しかし、ヤフーオークションで個人売買をする人がかなり増えていますが、相手の顔が見えないため、トラブルが続出しています。

 

たとえば、車を引渡ししたあと、「すぐに故障した」「エンジンから異音がする」「イメージと違う」など落札者からクレームがくるケースです。

 

自動車の売買はクーリングオフが適用されないため、無視をしてもかまいませんが、「名義変更をしない」という人が中にはいます。

 

名義変更はご存知のとおり、あなたから相手へ車の名義を変更することです。

 

ただ、相手がその手続きを保留にすることで、ずっとあなた名義のままになってしまいます。

 

すると、自動車税の請求はストップしませんし、落札者がオービスなどでスピード違反をした場合、その通知があなたのもとへくるなどします。

 

あなたが対抗できる処置としては、警察に盗難届けを出す、とうことですが、ことを大きくしたくないようでしたら、今気づよく交渉をするしかありません。